「ほっ」と。キャンペーン
カ-二バルのはじまりで本日学校の授業は11時でおしまい。宿題もないんだと!
小学校と違って学校内の仮装・紙吹雪・食べ物持ち込みも禁止になりました。
毎年この時期に思い出すのですが
まだ妊婦の時エコ-の検査結果を受け取りに病院へ行ったんですね、
日付はカ-ニバルの当日だけど、そこは病院だし疑いもせず早起きして出向いたわけです。
そしたら小児科の病棟は電気も消えていて、当たりまえのように受付も閉まっていた。爆
気が付くと暗闇を他にもう一人受付前をうろつく妊婦がひとり。
声をかけると彼女もまったく私と同じ状況。お互い爆笑しあって帰ってきましたが
これはイタリア式洗礼というやつですかね、
とにかくキリスト関係の祝日が頻繁で把握していないと
めんどうなことになるのです。今度はタクシ-運転手のストライキが解決していないようで
日本からの旅行者の方が面倒な目にあっていませんように。。。

e0312749_20164841.jpg
朝のうちにお雛様を飾りました。一気に家が華やいだ~


[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-23 20:38 | Trackback | Comments(0)

マチブセ

e0312749_20120098.jpg

遅いよオバちゃん!オナカすいちゃったじゃないか-
なんだか怒っているようにも見える。

食べるとさっさと去って行きました、礼も言わずに。爆


[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-21 20:15 | おうち | Trackback | Comments(2)

I Pappagalli

今でも日本に帰ると知らない方から
伊生活ではお手伝いさんを雇っていらっしゃるんですか?
夜はこどもをベビ-シッタ-に預けてパ-ティ-に行かれるんでしょう?
と聞かれることがたまにあって、誰が上流階級やねん
なにをゆうとんねん、と私の中の浜ちゃんがいつもツッこんでしまうのですが
それはあくまでもハイソ階級の方のアタクシブログの中だけのお話で
うちは全然カンケ-ないからと釘を刺して帰ってくるのですが

e0312749_04280910.jpg
1955年公開『I Pappagalli』この時代
中流階級くらいの人でもけっこうお手伝いさんを家で雇っていたんですね。旦那に聞くと、
この時代お手伝いさんに入るのはだいたい貧しいヴェネトの農村女性だったのだそう。
母をたずねて三千里を思い出しましたよ。。

肝心の映画の内容はいったいどこを楽しんだらいいのかさっぱりでしたが 笑
どんな風にイタリア人が一日中しゃべくり倒すのか、この映画を観て再認識。


[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-21 05:13 | おうち | Trackback | Comments(2)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)