山の上おやつの時間ですよ

日本のKUMONの先生が、向こうでもがんばるようにと持たせてくれた
一抱えもあろうかという分厚いテキストを
こども、毎日ブーたれながら解いています。
これはそのブーたれ途中のエネルギー補給でっす。

e0312749_2593528.jpg


スペック切ろうとしたら貼り付けてあったメスナーのおっさんシール。
地元の有名人だからって肉片にまで顔だすのかおっさん。
なんでもザハ女史の設計で作った山の上の美術館が好評なんだと
新聞で見た。
 “ザハ” って今日本人にはわりと耳の痛い話ですよね。



人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://sankoyatsu.exblog.jp/tb/23682475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mackworld at 2015-09-17 08:21
■日本のテキストって・・・お子様は日本語で学習してるの?
ザハ女史って西洋の魔女的な風貌だからなー日本人好みの
ムードではないのよねー。
Commented by sankoyatsu at 2015-09-17 14:48
macさん
日本のテキストなんですけど、算数なんで問題ないっす。
知らなかったけどザハ女史って世界をまたに駆けて、って感じですごい人気なんですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sankoyatsu | 2015-09-17 03:08 | Trackback | Comments(2)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)