青りんごの里

引っ越し荷物準備中なので、ほぼ毎日のように眠っていたお宝が発掘されます。
とはいっても我が家の場合金目のものではなく、
忘れかけてた若いころの写真とか、いただいた思い出のプレゼントとかなのですが 
友人にもらったセルビア語の雑誌を見つけたのでリビングで読み始め
(正確には読めないので眺めていただけですが)そのままソファーに放置
今朝それを見つけたこどもが「なんやこれ、外国語やん!」と、
関西弁で言うのでなんだか笑ってしまう。
あんたなに人やねん、と。笑


青りんごがいっぱい実ってきました。
e0312749_21155094.jpg


私は神戸生まれの関東育ち、大学とOL時代を神戸で過ごし
うちの母はこれを鮭の川のぼりとか言って笑っていました。
とにかく神戸で過ごしたあの時代、
何に苦労したかというと普段のしゃべり言葉なのです。
親は関西人でも私は完全に標準語で育ちましたから。
関西人は基本、標準語でしゃべる人を嫌がります、だけど二人称の“自分”なんて
最後の最後まで理解できなかったので笑 
いろんな場面でけっこう落ち込むことが多かったんです。
社会人一年生の歓迎会の時、隣に座った営業部カチョーは開口一番
『わし標準語しゃべるやつ嫌いやねん。』
このボKー!とも言えませんしね。
今でも鮮明に覚えているくらいあの言葉は当時の私にはキツかった。
あと、関西人のボケとつつこみの笑のセンスですね、聞けばなんでも関西人は半ドンの土曜日
お昼ご飯を食べながら吉本新喜劇を見て育ったというではないですか。
もう土台からして天地の差、
これはもう埋められないと半ば諦め加減で生きていたようなところがありました。




e0312749_21154258.jpg
(去年食べた鮎、かなり未練がましいですか。笑)

そんなこんなで今私はここで、
一生完全な伊語マスタ-はありえないであろう半分死んでいるくらいの
へぼへぼ言葉でたくましく生きているわけなのですが、
生活に根差した言葉って人それぞれいろんなドラマがありますよね。。。

こどもはそんなエセ関西弁の母(私)と100%関西人なウチの母と
べったり夏休みを過ごしたおかげで
「ちゃうちゃう」とか思わず口にでてしまう“いったいなに人”で
マルチリンガルを話す彼のようなハイブリッドジェネレーションは
いったいこの先どんなドラマがあるのでしょうね。

このあいだyoutubeで“ネオ・オタク語吹き替えのシンデレラを見ていたら
オタク語では「一刻も早くすし屋に行ってすしを食べたい。」を
「即すしりたい。」って言うんですって!ネオ日本語も難解だ。。



[PR]
トラックバックURL : http://sankoyatsu.exblog.jp/tb/25819310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokidokitasu at 2017-06-03 00:48
は~い 土曜のお昼は吉本新喜劇で育ちました!!
松竹新喜劇も見てましたよ~ (*^-^*)
最近のお若い方が、「うちら」とか「うち」って言うのにびっくり・・
なんか違和感を感じるのは、年だからかな?
Commented by sankoyatsu at 2017-06-03 02:35
タス母様へ
でた-!新喜劇で笑のスパルタ教育受けた人。笑 
それ聞いた時私、気失いましたもん。これじゃあ歯がたたんわ。。と。
関東人はそう簡単にはボケたりできない笑に不器用な人ばかりで。
そういえば関東でおとんとかおかんとか今はフツーに聞くのですが、あれはダウンタウン松ちゃんが持ってきたのだろうと思っています。
Commented by san_paozo at 2017-06-03 08:11
sankoさん、おはようございます♪
ハイ(^O^)/
私も吉本新喜劇育ち、
オチを必要とする人種でございます(笑)
関西人って、濃いから
そりゃ苦労されたでしょう( ^ω^ )
自分…(笑)
言ってました!今は使いませんけど。
相手に向かって、何で?ですよね?(爆)

私の場合、女子の標準語は、イイけど
男子の標準語が
オカマみたい〜となってました(笑)
今で言う、オネェです(^o^)
敬語も関西人特有のものがあるので
よそから見たら、絶対変だと思います(ᵔᴥᵔ)
でも、なおさないのも関西人です(笑)

引越しの荷物整理は大変でしょうけど
頑張ってくださいね!
Commented by mackworld at 2017-06-03 13:52
■関西人って、何故か勝手にツッコミ入れて相手がボケかますの要求するよね。
あれってかなり迷惑(笑)。
九州では関西弁で営業する輩は100%信用度ゼロでありまする、どこかの管理職さんみたいに「俺、関西弁で商売するやつすかーん」で終わり。
オイラは同じ関西でも京都弁好きやけどなー、はんなりしていて。
Commented by sankoyatsu at 2017-06-03 15:39
san_paozoさんへ
会話のキャッチボールができてへんで~ と、何度責められたことか。爆
そんなのすぐできるかyo!初めはキレぎみでしたが、そういう責めつづけられに慣れたころ、こっちのほうがずっと楽しくなってきました。(マゾ?笑)
関西人のうちの母もずっと関東に住んでいますが、いまだにバリバリの関西弁です。なおさない関西人、分かります。
Commented by sankoyatsu at 2017-06-03 15:43
まっくさんへ
九州で関西弁がそういう立ち位置だとは知りませんでした。苦労された方も数多くおられるのでは。笑
関西弁もいろいろ細かく分かれていますのでね、神戸も東西南北地域によって少しずつ言葉が違っていましたよ。それをジモティ-(地元の人)に聞くのがとっても楽しかったです。
Commented by ham1015 at 2017-06-03 18:48
こんにちは☀
私はアユの塩焼き、大好きです。鰻ほど高くなくても、なかなか食べられないけど😅

林檎も美味しそう~(*^^*)
🐹も私も林檎大好きなので、天国のような場所ですね!
Commented by sankoyatsu at 2017-06-03 23:59
hamさんへ
鮎って食べる機会ほんっと少ないですよね。笑 
ス-パー行ったらぜったい鮭の方選んじゃうし。
青りんごの成長は見ていて愛おしいです。ここはりんごの里なのでね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sankoyatsu | 2017-06-02 22:54 | かぞく | Trackback | Comments(8)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)