カテゴリ:かぞく( 61 )

ハロウィン近し



駅のフライングタイガ-で衝動買い。

e0312749_22313809.jpg

こどもとおそろいリング。笑
こんなので笑ってくれるのはいつまでかなぁ?

                                  


[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-16 22:42 | かぞく | Trackback | Comments(2)

暴走中に見つけたもの

本日、また書類でダメ出しの巻。落ち込むわ~
そんなわけで今日も市内を自転車で爆走中です。
途中いつもの八百屋さんで野菜を購入するのだけれど、ここのお野菜は新鮮で安いの。
前住んでいたところのメルカ-トは高くてあっとゆうまに30ユ-ロとかになっちゃうし、
チロル農家のおっちゃんはヒジョ-にとっつきにくいわで 長年遠ざかっていたのだけれど、
此処へ来て、みんながス-パ-でなくメルカ-トで野菜や果物を買うのが良く分かったわ。

e0312749_23292274.jpg
帰り道の荒廃したVilla
こういうのが大通りに何軒もあります。
かつては幸せな家族の生活があった場所
家主を失った家は静かな最後を迎えています。


e0312749_23291248.jpg



e0312749_23290619.jpg

今日の男子ランチはささみ唐揚げ。
明日テストなのでがんばって欲しい気持ちを好物の唐揚げに込めた、すんごい沢山込めた。
願わくばうまくいきますように、むすこよ。。。笑



[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-12 00:02 | かぞく | Trackback | Comments(6)

近くなった姑宅

土曜の今日はお義母さまのところへ行ってきました。
パドヴァからだとアクセスがぐっと近くなった。
嫁としてはいいんだか悪いんだか~笑

e0312749_03411883.jpg
駅前でキルト少年を発見。男の人のスカ-ト姿を見るのは、
数年前の東京で女子高生の恰好をしたおじさん以来だわ。爆

e0312749_03410522.jpg
プリモはトマトパスタでセコンドは
おばあちゃんちの鶏カツ、curcuma(タ-メリック)入り。
揚げたてで美味しいけれど、ソ-スが欲しいな。

e0312749_03421088.jpg
午後はばあさんじいさんも我が家に来てお茶。


e0312749_03405381.jpg
最近おともだちになったムラちゃん。よくしゃべる。
猫業界ではこれは何色というんでしょうか?
色がむらむらなのでとりあえずムラちゃんと名付けましたが
おやつも警戒せず食べてくれるようになりました。




[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-08 04:23 | かぞく | Trackback | Comments(5)
こどもの教科書追加注文→受け取りにいく。が今日で終了、たぶん。泣
こう毎日だと本屋の受付のお姉さんに顔を覚えられました笑
ちっとも嬉しくないんだが~ 
まあ、とりあえずこれで本屋からの卒業です。

(転校したので学校から渡されたリストに沿って中二の教科書を揃えたが、
教科によっては去年の教科書を使っているようで買いそろえる必要があった。)
追加分はみーんなUSED二束三文ブックオフ本。
教科書に関して言えば去年までは便利だったな-。
州が全部用意してくれたもの。\\

e0312749_22042271.jpg
街まで出たので市場でお買い物マラソン。
グデグデの柿を伊人はスプーンですくって食べます。
(初めて姑宅でカキ食べるときスプーンがでてきたときは驚きました。)
ここでバナナとブドウを買って、野菜をたくさん買いました。

e0312749_22041234.jpg
お店の看板娘を激写。
おもちゃといっしょに☆ぶちゃいくだけどカワイイ。。。

オヤツにIKEAで買った林檎&梨クランブルを焼きました。
初めて買ったけれど、袋の中はフル-ツとクランブルに分かれていて
あとはオ-ブンに入れるだけ。

e0312749_22043519.jpg

e0312749_22042930.jpg
クランブルの中にナッツも入っていて美味しい。
これなら自分でも、、、作りませんわね。
ルバ-ブ&ラズベリーもあったので今度試してみよう。




[PR]
by sankoyatsu | 2017-09-26 22:33 | かぞく | Trackback | Comments(2)

新学期が始まるyo

家族三人
新しい生活に慣れるのにテンパってます。笑
明日からこどもも新学期。(遅いね-)
新しい学校初日、いいお友達がすぐにできることを祈ってます。

e0312749_04274518.jpg
そんな中、モ-モ-の草がすくすくと育っています。
フライングタイガ-で3エウロ。毎日の成長が楽しみ☆なんだか癒されてます。
食べられるといいのにね。



[PR]
by sankoyatsu | 2017-09-13 04:34 | かぞく | Trackback | Comments(4)

キネンビ

7月7日の今日は結婚記念日です。
とはいえ毎年イタリアと日本で離ればなれ。
今年も誠に勝手ながら
こちらでひとり宴会させていただきますわアナタ。。。爆

e0312749_11042884.jpg


[PR]
by sankoyatsu | 2017-07-08 11:10 | かぞく | Trackback | Comments(4)

新しい夏

時差ぼけも落ち付いて
さっそく日本でのやりたいこと巡り。

e0312749_19080202.jpg

今年の新しいことと言えば
こどもに将棋の先生をつけました。
今までイタリアで親子でマニュアルにらめっこしながらやってたのですが
シロウトどうしではさすがにこれは限界。。。
知り合いのつてで個人レッスンしてもらうことになりました。
先生が来る日をスケジュ-ル表にメモろうとした私ですが、
将棋の漢字が書けませんでした。笑




[PR]
by sankoyatsu | 2017-07-06 19:19 | かぞく | Trackback | Comments(2)

フィオッコブル-


なぜだか我が家にコウノトリが来るのは遅かった。
こどもなし、それもまた人生だと思い
そうだ、黒いラブラドールの里親になろうと覚悟したその夏、
コウノトリからの突然の配達。もちろん遅延のお詫びはなしである。笑

e0312749_22171256.jpg
真っ暗の物置の壁に掛けてあったむすこのフィオッコ
イタリアでは子供が誕生すると女の子はピンク、男の子はブル-のフィオッコを
エントランスに飾る習慣があるのですが
これは姑が喜び勇んで持ってきてくれたもの。
二人で抱き合って泣いたりしてああ懐かしい。
あれから12年、外遊びで真っ黒のこどもは黒ラブより大きくなりました。笑

今日はフィオッコをひとつづつ大事に写真に撮って処分しました。
いつか私も特大フィオッコを持って病院に駆けつけるときが来ますように!




[PR]
by sankoyatsu | 2017-06-15 23:00 | かぞく | Trackback | Comments(0)

コーヒーブレイク

イタリア大学生にとって6月7月は試験期間中なのでしょうね、
たくさんの学生が図書館に詰めかけて遅くまで勉強しているようです。
我が家の社会人大学生も試験の一つ目が終わってやれやれと思いきや、
さっそく次の試験の準備を開始。
(家では集中できないんだと。それって美しい妻がいるから?笑)
こんなにもたくさんの学生が長居する場所で頻繁に何が起こるかというと
カフェ自販機の故障なのです。みんな一息入れたいですものね、それも頻繁に。笑 

e0312749_23301958.jpg
(オヤツ自販機は二台あります。こちらは大丈夫。)



e0312749_23303997.jpg

昨晩は壊れていてみんな怒っていたようだけど、
今朝メンテのおじさんが来て直したようです。
回転率の高い自販機のカフェは旨い、病院と一緒よ。
と姑が教えてくれましたが本当ですね。

一度は

e0312749_21362674.jpg
こんな地雷を踏んでしまった悲しい時もありました。




[PR]
by sankoyatsu | 2017-06-15 00:50 | かぞく | Trackback | Comments(4)

青りんごの里

引っ越し荷物準備中なので、ほぼ毎日のように眠っていたお宝が発掘されます。
とはいっても我が家の場合金目のものではなく、
忘れかけてた若いころの写真とか、いただいた思い出のプレゼントとかなのですが 
友人にもらったセルビア語の雑誌を見つけたのでリビングで読み始め
(正確には読めないので眺めていただけですが)そのままソファーに放置
今朝それを見つけたこどもが「なんやこれ、外国語やん!」と、
関西弁で言うのでなんだか笑ってしまう。
あんたなに人やねん、と。笑


青りんごがいっぱい実ってきました。
e0312749_21155094.jpg


私は神戸生まれの関東育ち、大学とOL時代を神戸で過ごし
うちの母はこれを鮭の川のぼりとか言って笑っていました。
とにかく神戸で過ごしたあの時代、
何に苦労したかというと普段のしゃべり言葉なのです。
親は関西人でも私は完全に標準語で育ちましたから。
関西人は基本、標準語でしゃべる人を嫌がります、だけど二人称の“自分”なんて
最後の最後まで理解できなかったので笑 
いろんな場面でけっこう落ち込むことが多かったんです。
社会人一年生の歓迎会の時、隣に座った営業部カチョーは開口一番
『わし標準語しゃべるやつ嫌いやねん。』
このボKー!とも言えませんしね。
今でも鮮明に覚えているくらいあの言葉は当時の私にはキツかった。
あと、関西人のボケとつつこみの笑のセンスですね、聞けばなんでも関西人は半ドンの土曜日
お昼ご飯を食べながら吉本新喜劇を見て育ったというではないですか。
もう土台からして天地の差、
これはもう埋められないと半ば諦め加減で生きていたようなところがありました。




e0312749_21154258.jpg
(去年食べた鮎、かなり未練がましいですか。笑)

そんなこんなで今私はここで、
一生完全な伊語マスタ-はありえないであろう半分死んでいるくらいの
へぼへぼ言葉でたくましく生きているわけなのですが、
生活に根差した言葉って人それぞれいろんなドラマがありますよね。。。

こどもはそんなエセ関西弁の母(私)と100%関西人なウチの母と
べったり夏休みを過ごしたおかげで
「ちゃうちゃう」とか思わず口にでてしまう“いったいなに人”で
マルチリンガルを話す彼のようなハイブリッドジェネレーションは
いったいこの先どんなドラマがあるのでしょうね。

このあいだyoutubeで“ネオ・オタク語吹き替えのシンデレラを見ていたら
オタク語では「一刻も早くすし屋に行ってすしを食べたい。」を
「即すしりたい。」って言うんですって!ネオ日本語も難解だ。。



[PR]
by sankoyatsu | 2017-06-02 22:54 | かぞく | Trackback | Comments(8)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)