カテゴリ:おでかけ( 240 )

秋の一日

ぶらぶらしていたらランチタイムはすっかり終わっていました。
なのでいつものポテト&ソ-セ-ジスタンド。
ふと見ると高校生が路地でチュ-チュ-中。笑
女の子はヴィトンにモンクレ-ル、都会のJkは違うな-

e0312749_04295042.jpg
  
広場のカフェではポッポが一心不乱に砂糖壺に首を突っ込んでついばんでいました。
糖尿にならないといいけどPo。

e0312749_04294322.jpg



e0312749_04293052.jpg


山のお土産を一杯抱えて、夜にダンナが出張から戻ってきました。
これはグラッパ。月曜日に持って行く同僚たちへのお土産です。
オフィスで酒って笑

e0312749_04292300.jpg

                                    


[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-21 04:43 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

三代目



三代目が無事退院しました。
とは言ってもそれはダンナのお下がりで私の古びた自転車なのですが
もうボロボロで後ろの泥除けは針金で固定してあるし、ブレ-キは途中から折れてるし
ハブの金具は左右それぞれプラ結束バンドと食パンの留め金で繋いであって
ボディ-も鳥のフンの染みがあちこちに付いている。

ほんと、修理に出すのも躊躇われるような代物なのだけれど、
自転車屋のおっちゃんは、任せなさい!と言って35ユ-ロで直してくれた。
マダム!あの子は生まれ変わったよ!
ありがとう、おっちゃん。

e0312749_05503203.jpg

さっそく次の朝サイクリング
しかし、すっごい霧が深くて小一時間走ったら頭からつま先までびしょびしょになった。

e0312749_05534233.jpg
向こうが全然見えない濃霧レベル。



[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-19 15:10 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

あれから785年

用事の途中にS.Antonio教会の前を通りました。
創設から785年を経てあなたは今も変わらず同じ場所に建っているのですね。
785年、それは人間の想像を絶するような時間です。
あなたは変わりませんが周りは大きく変わりました。
お昼時なのでこの辺はパスタをくるくるすする観光客でいっぱいです。ア-メン。

e0312749_04142305.jpg
周辺はレストランとお土産屋さんが立ち並んでいます。
今日のsanko一押しのお土産はコレ。



e0312749_04143254.jpg
ライトはLED(たぶん)
ナイトテ-ブルなどに置くのがいいでしょう。Good dream!

e0312749_04141013.jpg
銘菓サンアントニオのラインナップ。
どれも素朴な焼き菓子です。
一袋8ユ-ロとか6ユ-ロとか。。ザ・観光地プライス!!




[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-14 04:50 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

名は体をあらわすの

全国アンテナショップを巡っていたときの銀座界隈。
あなたから何度聞いても名前覚えられないんだわ、と横にいた友人笑。

e0312749_02533376.jpg
新入社員はぜったい電話口で自社名嚙み倒してると思う。
取引先にもメンドクサイ名前で大変ご迷惑おかけ系、
デスクにもどると『えるめ・・・善也様からお電話ありました。』の張り紙が笑
エルメネジルドゼンニャ、エルメネジルドゼンニャ、さあ10回言ってごらん。 




[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-10 03:13 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
近所のショッピングセンタ-で吹き抜けの青空を見上げながらカフェ&ブリオッシュ。
有楽町の国際フォ-ラムみたいだなあ。
この夏は有楽町の東京交通会館の物産館へよく通いました。
この界隈は全国アンテナショップ激戦区で珍しくて美味しそうな名産品を
探して見てまわるのは本当に楽しかった。(ただ食いしん坊なだけ笑)
特に気に入ったのが宮崎県ヤマエ食品工業のひや汁の素。
何個買ったかわからないほど!イタリアにも持って帰りました。
他にもあれが美味しかった、もっと買って来ればよかった、そんな夏の思いでに浸りつつ
エスプレッソをぐび-

e0312749_02505791.jpg

自転車の前輪にドロが付いてるけど、それ💩じゃない?
ちがうよ、マンマ乾いたドロだよ! いやーどう見ても💩だと思うけどね。
絶対にちがうよ! え、でも。 だから違うってば!
でもやっぱりそうだった。笑



e0312749_02503989.jpg
川べりは要注意ですね。


e0312749_02332943.jpg
すごい数のカメムシが家に飛び込んだり洗濯物に紛れ込んだり。
ここはカメムシ王国ですか?




[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-09 03:19 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

エルメ来るんだってよ

引っ越しから一か月も経ち、ひと段落着いたらもうすっかり秋。とりあえず
せっかく食欲の秋だし、地元の料理コースにでも通おうかとネットで探していたら
Hangar78という料理学校でなんと 
PIERRE HERMÉのコース開催』(L'Alta Pasticceria firmata Pierre Hermé)
本人来伊デモンストレーション、デグスタツィオ-ネ、Talk Show
レッスン9時-15時で お値段なんと税込670ユ-ロ!あははは

てっきりプロフェッショナル限定コースかと思ったらAmatori愛好家でもおk。
すごく興味あるけれど、いくらなんでもワタクシには高すぎるわな。
10月7日と9日はまだ空きがあるそうですが
まあ世界的に有名だから(なんと日本には13店舗)
顔を拝みにくる参加者が大勢いるのかもしれないけれど
確かエルメはイタリアには出店していないはず。このコースで彼のマカロンのファンになると
となりのフランスへ食べに行かなきゃならないってことなのかしら。。散財に輪をかけるよね、
というか近頃のパテシェはフランス修行した人も多いだろうから
修行時代を懐かしむ感じなのかも。。

e0312749_23331471.jpg


ワタシも彼のマカロン好きだけど、高いからまだ全種類食べてないのよね笑
せめてマカロン&ティ-Talk Showで50ユ-ロくらいじゃないと
気軽に参加できなんじゃないかとも思う。
いいわ私は東京帰って食べるから。爆

そして食に関してネットサ-フィンしていたら
わりと近所にミシュラン3☆のLe Calandreを発見。
確か丸の内にIL Calandrino Tokyo を出店してあっというまになくなってたよ、
Byイタリアン好き友人情報
だったあそこね。数年後こんな近所に住むことになるとは。
ここのサイトを見ていたらグル-プ店の中にヴェネツィアのクアドリの名があって
ここは日本人オ-ナ-だったはず、と調べてみたら2011にいろいろなオトナの事情で
レ・カランドレを経営する会社傘下になったらしい。
イタリア、フランス、日本、料理の世界も目まぐるしく変わっていくね。





[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-04 01:06 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

保健所でダメ出しの巻

保建所から手紙がきてこどものワクチン証明書を速やかに提出せよ、とゆう。
(学校には提出したのにここでも申請が必要のようで正直メンドクサイ。)
ググったら場所はすぐ近所、自転車で行けるところでまあそれはよかった。紙には
月曜16:00~17:00 水曜 9:00 ~12:00開いてるのそれだけ、という
なんともイタリアらしいオカシな受付時間が書いてありました。
だもんでさっそく今日、月曜日にママチャリこいでいってきましたが
持って行った証明書とそれプラス
以前住んでいた州のワクチン手帳原本を持ってきて、とまさかの門前払い。泣
ワクチン手帳はまだ引っ越し荷物の中だわ。。。急いで持ってくるから待ってて!
受付のお姉さんにそう言い残して慌ててまた引き返す。
なんだか役所巡りはこんなことばっかりだね!

e0312749_01011798.jpg
近くをサイクリングしていたらボートの練習中。
水の豊かなパドヴァの人は川でこんな楽しみ方をするんだなあ。
調べたらこどものコースもあるようで、どう?と聞いてみたら
冬寒いし週4日はありえない、ママあれで競争するんだよ!?と却下。笑

e0312749_01013784.jpg
このあいだまで沢山生えていたミントの茂みがみーんな刈り出されて
昆虫たちも家を追われて困っていました。
写真を撮っている間、野生リスたちが木の実をくわえて走り回っています。

e0312749_01012513.jpg

ちょ、ちょっとまって!

e0312749_01015207.jpg
理想の猫ちゃんを見つけましたが
おともだちにはなれませんでした。

e0312749_01014639.jpg



[PR]
by sankoyatsu | 2017-10-03 01:35 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

川沿い散歩

自転車でご近所を散歩

e0312749_22590704.jpg
ヴェネトののどかな風景です。

この後、こどもの自転車の調子が悪くなって家へ引きかえしました。
まだパジャマでぼんやりソファーに座っていたダンナが
えいやあっつ!と重い工具箱を担いできてスグに直してくれた。
こういう時って男の人は頼りになるわ~
でも近所の自転車屋さんも探しておかなければ。

e0312749_22585506.jpg
それからこどもと再出発、川沿いのショッピングセンタ-へ
スタバのようなイマドキのカフェ、
ドリンク頼むとカウンタ-のフ-ドが取り放題、10時のおやつになった。
黒パン&チキン&フンギのサンドイッチが美味しい。


e0312749_22584717.jpg
イタリアも昔ながらのバ-ルが消え
シアトル系コーヒーshop環境で明るくモダンなところが増えました。
隣のお姉さんはカシス色のジャ-ドリンクをおしゃれに飲んでいます。
でもやっぱりフ-ドはイタリアのほうが美味しいかな。笑



[PR]
by sankoyatsu | 2017-09-30 23:38 | おでかけ | Trackback | Comments(1)

教会散歩とミニョン

今住んでいるところは町内にいったい教会が何軒あるんですか、
というくらい教会だらけです。聞こえてくる朝と夕の鐘楼の音がとても美しくて
思わずテスト勉強の手が止まるほどです。
(こどもはテストなので夕方は母さんのシゴキ入ってます笑)
この辺りの人は毎日聞けて幸せだな~きっと住民の音楽のセンスがいいのね。

e0312749_05230173.jpg
街のBasilica di Sant'Antonioへ用事の途中に寄ったのですが
ここの『教会SHOP』の品ぞろえの豊富さと攻めの営業がすごい。
表のショ-ウインドウの衣はただのディスプレイかと思いきや。。。

e0312749_05225347.jpg
どうやら245ユ-ロで売っているようなのです。
教会の土産物屋さんで売っているガチ信者のためのコスプレ、か。
いやこれって誰用なのでしょうね、にしては本格的すぎのような。
まあ仏教徒には分からない需要があるのかもしれません。笑

e0312749_05223934.jpg
外の回廊に飾ってあったたぶんこれは墓石の一部
インディ-ジョ-ンズの映画に出てきた聖杯の騎士を思い出しました。
石が磨滅してこんなになってしまう時の経過って
いったいどれくらい長い時間なのでしょう。
教会の建設は1232年なので、ざっと785年ですかね 
彼は数百年たった今も聖杯の番をしているのかもしれません。

e0312749_05223026.jpg
これは近所のパスティッチェリ-アでダンナが買ってきたミニョン。
こどもテストも終わったし、ダンナもお仕事お疲れ様。
怒涛のような1か月が終わったー。





[PR]
by sankoyatsu | 2017-09-30 06:05 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

郵便局で

郵便局で振り込みをしようと出かけたら
朝急いでカバンに押し込んだ振込用紙が折れ曲がっていた。
受付のオッチャンが丁寧に手で伸ばして読み取りの機械にかけてくれたが
入れた瞬間グシャー。
私: ごめんなさいね、私のせいね。ファイルに挟んでくればよかったわ。
受付のオッチャン:コピ-するから大丈夫。ところであなた日本人?
僕、日本行ったんだよね、ジャパンレ-ルパス使って旅行したんだけど。
あ、イタリア語は大丈夫?
私:それがぜんぜんだい大丈夫じゃないのよ、まだまだイタリア語は謎ばかりよ。笑
受付のオッチャン:そうかー! 僕には日本語簡単だったけどね!(ほんまかー爆)

そうこうするうち振込も無事完了、
またね-!と日本語で見送ってくれた親切なオッチャン。
またなんかあった時は頼むわー。

e0312749_00440385.jpg
晩御飯 JamieOliver のインスタをパクったもの。笑
スティンコはIKEAで購入したもの。ソ-セ-ジも一本残っていたのでいっしょに。
ひよこ豆が肉汁吸ってすごく美味。

e0312749_00434627.jpg
本屋のレジ前にあった本を買ってみました。
「パドヴァで少なくとも一生に一度はやっておきたい101のこと」
パドヴァの人が書いたのかと思ったらマントヴァの人だった。

e0312749_00435441.jpg
ドロゲリ-ア(小さな雑貨店)新聞で昔の写真をみたことがあるけれど
まったく店構えが変わらず。アンティ-クがいい味だしてます。
前の街にも古いガッレリ-アにこんなお店があったけれど
いつの間にか姿を消してしまった。




[PR]
by sankoyatsu | 2017-09-28 03:01 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)