「ほっ」と。キャンペーン

IDカ-ドの更新

今朝起きると、うっすら霧の朝でした。

e0312749_04215926.jpg
今日はIDカ-ドの期限が切れたので更新しに行ってきました。
役所では当然番号札制なのですが
となりの受付に10人抜きで割り込んできたオバサンが
担当職員に激しく窘められている場面に遭遇。
となりに聞き耳ダンボっている間に
ワタシの手続きはサクサク進んで、すぐに新しいのを手渡されました。
これがこの街で最後の更新です!
新しいIDカ-ドに16年歳を重ねた私の写真。
証明写真見ているだけでじわじわきました。爆

e0312749_04213949.jpg


[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-04 05:06 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

パドヴァで

次の引っ越し先はパドヴァなのです。
義母の家のあるヴェネツィアからもあまり遠くないので
クリスマス休暇中に家族で訪れたのですが
今でも世界中から巡礼者のある聖アントニオ聖堂が荘厳な佇まいで凄かった。
パドヴァのアントニオは死してからもなお、奇跡を起こしているのですね。
ファサ-ドが美しい。

e0312749_22210700.jpg


聖アントニオは失せ物・結婚・縁結び・花嫁・不妊症に悩む人・愛・老人・動物の聖人
とされてるそうで、祭壇前は長蛇の列が絶え間なく続いていました。

e0312749_22213795.jpg
この中で私が祈るとすれば “愛” くらいのものですか笑
この時は時間がなかったので
祈りに並ぶのはこちらへ引っ越してきてもっと時間があるときにしましょう。
そしてこの後私がびっくりしたのは、ここのお土産ショップが
そこはかとなく充実していたことです。

e0312749_22223823.jpg
エントランスのキャンドルにアロマに書籍。アイテムの充実感は
去年の夏行った、すみだ水族館のお土産ショップを彷彿とさせます。

e0312749_22220836.jpg

e0312749_22412840.jpg

DVDにロザリオ、壁掛けアクセサリー
私の手にしているのは携帯用イコン
旅行中も神様に祈っていたいだなんて信じられますか日本の皆さん。笑

e0312749_22405895.jpg
聖アントニオグッズだけでこれだけの品ぞろえ。
だけどまさか
まんじゅうやオリジナルスイ-ツなんかはないだろう、と思いきや

e0312749_22420754.jpg
チョコレート、キャンディ-に蜂蜜、ハ-ブティ-なんでもありでした!
しかも全商品に聖アントニオのキャラマ-クが付いてる笑
この蜂蜜漬けナッツ、なんで買ってこなかったんだろう。美味しそうです。


e0312749_22423534.jpg

現時点ではまだ引っ越し先の家も決まっていないので
まだなにもすることがないのですが
とりあえず断捨離ですか。倉庫の整理をぼちぼち始めることにします。
それと夏の日本行のヒコ-キの予約をしなければ。



[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-02 23:51 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
朝実家の母から電話で
『エヴァンゲリオン取りに行ってきたからこどもに言っておいて!』
は?母の口からまさかのエヴァンゲリオン
 いったいなんのことだろう?と思ったら、
去年の夏に日本へ帰った時、婆さんとこどもが密かに予約していた
Nゲ-ジのエヴァンゲリオン新幹線が届いたんだと。
ああそういえばなんか記憶の遥か彼方で
エヴァがど-の新幹線がど-のと聞いたような。。。

e0312749_23395212.png

母さんエヴァンゲリオンは一度も見たことがなく、
たぶんこどもも見たことはない。爆
だけど日本ではこんな近未来新幹線が走っているのですね。。。すごすぎる。
この夏の楽しみが増えた!と、こども大喜び。
この夏エヴァ新幹線を走らせる、やけに顔の濃いこどもがいたらそれはうちの子だ!

母からの電話のあと、母さん大忙しで街へママチャリで繰り出す
実は昨晩 我が家のTVが突然のご臨終をむかえまして
(大晦日のパソコンに続き、電化製品が次々と壊れる!呪われてんのかウチは。)
さすがに壊れた直後はキモチブル-になったんですけれど
世は4Kの時代、我が家はテレビはニュ-スくらいであまり見ないけど
美しい画面でゲ-ムプレイは嬉しいかも、と全く予期しなかった買い替えに
一夜明けてかなり前向きに。
 ネットでも調べましたが、やはり実物も見て確認したいと思い電気屋を数件回りました。
やっぱり画面の進化は美しい~
お店を出ると粉雪がちらついていました。



[PR]
# by sankoyatsu | 2017-02-01 00:22 | かぞく | Trackback | Comments(0)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)