人気ブログランキング |

ひまわり

新聞を読んで、いつもここの欄を見ると苦笑いしてしまう。
パ-ソナル・コミュニケ-ション
“若く美しい日本人です、優しく、そして明るくチャ-ミング、
お友達を探しています。” w怪しすぎますね~~
まさか日本の女の子がわざわざこんな変な広告を載せたりしないので
どう考えてもフ-ゾク系、
それも恐い後ろ盾がいるようなそのテのアレ。
こんなところに日本人を使わないで欲しいんですよね。

e0312749_20570303.jpg

読んでいたのは2020年パドヴァに来るゴッホ展の記事で
絵はアムステルダムのゴッホ美術館から借りてくるそうなのですが
借用料その他諸々で一千万ュ-ロですとさ。
新聞に掲載されていた絵は有名な『グレ-のフェルト帽を被る自画像』と
他、見たこともない3点w アレ、ひまわりは?!
と思った私ですが、
ゴッホ美術館所蔵のひまわりは傷みやすく移動が困難ということで
もう永久的に館外貸し出し不可なんですって。
ゴッホの制作したひまわりは計7点で現存しているのは6点
所在は世界中に散らばっています。
一点目はアメリカで個人蔵、
二点目は実業家・山本顧彌太が所蔵していたけれど
太平洋戦争の空襲で芦屋自宅にて消失(!!)
3点目はミュンヘン・ノイエピナコテ-ク(ここ大好きアルテはもっと好き)
4点目ロンドンのナショナルギャラリー
5点目は58億円なり東京の東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館
6点目ゴッホ美術館貸し出し禁止のやつ
7点目フィラデルフィア蔵となっています。
ひまわりがけっこう近所で燃えてたなんて知りませんでした、
自宅どこだったんでしょう気になる。。

自称パン焼き職人の知人からまた焼きたてパンをいただきました。
奥のはスカロンニョ(エシャロット)入り。
香りがよくて甘くて美味しいいー!

e0312749_20565318.jpg



トラックバックURL : https://sankoyatsu.exblog.jp/tb/27979566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mackworld at 2019-02-04 05:32
■グレ-のフェルト帽を被る自画像は、よくよく見ると満月の狼男になりかけのゴッホみたいなタッチで少し笑えますな(^O^)。
Commented by sankoyatsu at 2019-02-04 05:44
まっくさんへ
あ-なるね、なるなる狼男にw 『描き狂うってどういう感じなの?』って昔、美術学院で聞いたことあるんですが、そこの講師が芸大受験のデッサンで自分の体に鉛筆刺しながら描いてた輩がいたって。たぶんあれがそうなんだってw 教えてくれました。時々思い出すけれど怖いですよねほんと。
Commented by tokidokitasu at 2019-02-05 23:55
なんとまぁ、彼の地には積極的な日本女性がいるんですね~ (>_<)
引っかかる人、いるんでしょうか??
ゴッホのひまわり、日本で焼失してるんですね・・・・
以前、ゴッホとゴーギャン展で、
ゴーギャンが晩年に描いた「肘掛椅子のひまわり」を見ました。
どんな思いでひまわりを描いたのだろうかと複雑な思いがしました
Commented by sankoyatsu at 2019-02-06 03:28
タス嬢母さまへ
そんなところに電話するスケベおやじの行く末など知ったことではないのですが、“日本人”をそっち方面の代名詞に使わないで欲しいんですよねw
私も最後にゴッホを見たのはいつだろう。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sankoyatsu | 2019-02-03 21:58 | おうち | Trackback | Comments(4)

山に暮らし山に生きる      山呼(sanko)のブログ


by 山呼 (sanko)